子供の頃にピアノを習わせると頭が良くなるって本当?

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

子供の頃にピアノを習わせると頭が良くなるとよく言いますが、果たしてこれは本当なのでしょうか。
これは統計学に頼るしかありませんが、確かに、3歳ぐらいからピアノを弾き始めている子供は、偏差値が高い傾向にあるようです。
ピアノを弾ける人は頭がいい人が多く、進学校では、子供の頃からピアノを習っていた人が多いようです。

 

男子でも3、4割はピアノを弾けるというデータがあります。
ピアノを習う子供は、親が裕福で勉強熱心というケースが多いので、環境的な要因が支配します。
子供の頃にピアノを習わせると、脳の発達に寄与するのは確かですが、長く継続することに意義があります。
小学生のうちにピアノを2,3年で辞めてしまうような人は飽きっぽいせいか、あまり勉強も得意ではないようです。

 

逆に子供の頃から、中学でもずっとピアノを習い続けているような人は、頭がいいと言います。
指先を使うと脳に良いと昔から言うように、子供の頃からピアノを習わせると頭の回転が早くなるようです。
理解力も良くなり、特に数学が得意な人が多いようです。
ただ、これは人によりけりで、全ての人に当てはまるわけではありません。

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック