ピアノを売る買い叩かれない簡単一括見積で高く売る方法

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

ピアノを売却するときに、売り手側に知識がないと安く買い叩かれてしまう可能性があります。
そうならないためにも、売り手側も最低限の知識を身に着け、売却に臨みましょう。
まずは、自分のピアノがどの程度の価値があるものなのか、下調べしておくことです。

 

ネットなどで調べればおよその額は分かります。
大きな傷や不具合が無い限り、さほど金額に変わりはありません。
変わりはしないものの、複数社から見積もりを取ることは大切です。

 

その時その場所での適切な価格を知ることが出来るからです。
本査定の前に掃除をして、手をかけていることをアピールしましょう。
埃まみれでは足元を見られる可能性が高いものです。

 

他の業者にも査定を頼んでいると言えば、競合が起こり査定額アップにつながります。
ただし、高額な調律や修理は必要ありません。
調律は音を整える作業ですので、買い手側は引き取り後必ず行いますし、修理が必要な場合は自社で行えるルートがあるものです。

 

その分査定額は下がりますが、自分で負担するよりも手間がかかりません。
椅子などの付属品をそろえて置きましょう。
また調律履歴などがあれば、査定時に一緒に渡すと査定額アップにつながります。

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック