ピアノを売るときにマイナス査定されてしまう理由って何だろう

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

ピアノを売りたいと思ったとき、査定額でマイナスになってしまう理由って何なんでしょう。
これまでの人生をともに歩んできた大切なピアノですから、少しでも高く売りたいと思うのは当然のことかと思います。

 

マイナスのなる要素はしっかりと把握しておきたいものです。
まずは、有名ブランドのピアノであるかどうか、年数はどのくらい経っているかですが、当然年数が浅く、YAMAHAや河合などの有名ブランドは価格が高くなる傾向にあります。

 

その逆で、無名ブランドで年数の古いものですと、マイナスポイントになってしまいます。
それから、小さな傷や汚れでしたら査定額にはそれほど影響はないので心配はいりませんが、大きな傷や凹みはマイナスの対象となります。

 

それから、水漏れや海風の影響を受けたピアノは中が腐食していれば大きなマイナス査定となってしまいます。
調律についても気になるところですが、高いお金を払って調律に出してもその分費用がかかってしまいますので、そのままの状態で査定をした方が良いです。
壊れているところの修理も自分では不可能ですし、余計な費用がかかるだけですので直さずにそのままの状態でみせましょう。

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック