調律していない20年前のピアノでも売れる 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

ピアノはそのまま放っておいても良い楽器ではありません。
楽器なので多少なりともメンテナンスやお手入れも必要となってきます。
そんな時に一番重要とされているのが調律です。
ただ調律にもお金がかかってきます。

 

昔は習っていたので調律してもらっていたという方もいるでしょう。
ですがピアノから離れてしまうと調律も必要ないものとされてしまいます。
20年以上調律を放置したままで、結局売却することになってしまったという事も少なくはないでしょう。

 

では20年以上も調律していなくても売却できるのでしょうか。
売却はできます。
ただ業者によってはマイナス査定になる業者もあるそうです。
ですが基本ピアノの買取りを行った後御者は自身でピアノのメンテとお手入れをしなくてはなりません。

 

そこから販売に出すので、特に調律は関係ないかとも思われます。
ただ業者によっての違いは大いにあるので査定時に確認しておいた方が良いでしょう。
傷も少なく弾けないほどではないでしょうし、そこまで痛むような扱いはしていないはずでしょう。

 

人気のブランドやシリーズであれば高く買い取ってくれることもあるかもしれません。
まずは見積もりで相談してみましょう。

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック