ピアノはずっと私の憧れ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

小学生のころ、ピアノを買ってもらいました。
勿論、うれしくて、ピアノ教室にも通わせてもらい、毎日、暇があるとひいていました。
最初のうちは、おたまじゃくしを覚えるところからはじまり、譜面どおりに練習して、それなりに上達していたような気がします。

 

バイエルあたりまでは、そんな調子だったと思います。
でも段々とそれ以上には、上達しない自分に嫌気がさしはじめました。
楽譜どおりにはひけてもそれだけのこと。

 

初見では一通りひけても、そのあと伸びない。
ちっとも音楽らしい、楽しいメロディーにならないんです。
自分自身も楽しくありません。

 

そして、何の努力もせず、いつかやめてしまいました。
大人になってから、自分の性格に気ずきました。
何でも教えていただくことは、忠実に真面目にやるけれど、その先の発想にひろがっていかない。

 

そこであきらめてやめてしまう繰り返し。
ピアノもそうだったのかと思います。
あの時、続けていれば、違う性格の自分になれたのかしら?フジコ。

 

へミングさんや辻井伸行さんの心を大きふるわせてくれるピアノは想像し得ない努力のたまものなのでしょうね。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック