ありがとう!再開したピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

幼少時から15年間ピアノを習っていました。
しかし、音大受験に失敗し、以後、音楽の世界からは遠ざかっていました。
私には才能が無い。

 

私では音楽の道で食べていくことが出来ない。
ずっと音楽に対してコンプレックスを持ち、音楽を封印してきました。
そんな生活の中、ふと目にしたのがドラマ「のだめカンタービレ」でした。

 

20年前にかなえられなかった音大での学生生活を綴ったドラマです。
音大生の世界です。
1番目にしたくなかった世界です。

 

考えるだけで頭がおかしくなりそう。
でも、そんなことは誰も知りません。
家族は楽しそうにドラマを観ています。

 

私だけ観ないのはおかしいのです。
家族に情けない姿を観られたくない想いで、いやいや観始めたドラマでした。
しかし、登場人物たちが切磋琢磨する姿や苦悩する姿を観、私の心も徐々にコンプレックスの塊から解き放たれていきました。

 

ドラマの最終回では感動で大泣きしてしまいました。
私は音楽が好きだった。
今からでもやってみよう。

 

思い立ったが吉日、翌日には楽器店へ行き、電子ピアノを購入していました。
なまりになまった指をほぐすことから始めました。
幼い頃は嫌いだったカノンやチェルニーも弾き、とにかく指練習をしました。

 

やはり大人になってからだとやる気も違いますね。
どんどん上達していきました。
今では下手ながらもリストの曲等も弾けるようになり、充実した日々を送っています。

 

のだめに出会わなかったら私の音楽の時間は再開できなかったでしょう。
ありがとう、のだめ。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック