ピアノを弾けるということ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

僕は物心ついたころにはすでにピアノが弾けるようになっていました。
ヤマハ音楽教室へ兄と共に小さなころから通っていたからです。
小学校の高学年から個人レッスンへと移行し、週に一度近所の音大生の家まで通うようになりました。

 

そのころには年に数回発表会があり、発表会で披露する曲の練習がメインになってきていました。
中学生になると学校で合唱コンクールが年に一度あります。
そのときクラスの中でピアノを弾ける人を先生が募るのです。

 

僕のクラスはあまり積極的な生徒がおらず、女子もほとんどピアノが弾けませんでしたので、先生からの推薦という形で毎年僕の名前が挙がりました。
でも、毎年断っていました。
中学生という多感な年ごろには、ピアノが弾ける男子というものが恥ずかしくて堪らなかったのです。

 

クラスのみんなからはあいつ男のくせにピアノが弾けるんだぜ、といった冷やかしや嘲笑を受けるのが目に見えていたのです。
そうした思いと、高校受験で勉強が忙しくなってきたのが重なり、中3でピアノを辞めてしまいました。
大人になって、洒落たレストランなどで男性ピアニストの演奏をよく目にするようになりましたが、そのたびやっぱりカッコイイなと思ってしまいます。

 

あの頃続けていれば僕も今頃は、と思うと何ともやりきれない思いになってしまいます。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック