もう少し習っていたかったピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

どういう経緯でピアノ教室に通うことになったのかは全く覚えていません。
おそらく母が習わせようと思い立ってのことだと思います。
別にイヤだったわけではなく、いざ通ってみると楽しいものでした。

 

通っていたピアノ教室が同じマンション内にあったので通うのもエレベーターを使えば済む話だったので楽でした。
通い始めてまもなく自宅にアップライトピアノが届いた時のことはよく覚えています。
まだ小学1年生頃の子供だったということもあり、ピアノの大きさと黒光り感に圧倒されていました。

 

メーカーによるのだと思いますが、私が使っていたピアノの鍵盤がかなり重たく、小学生の力ではなかなかうまくタッチできず悪戦苦闘しましたが、練習はまじめに、かつ楽しくやっていました。
習い始めて4年ほど経過したときに通っていたピアノ教室の住人が引っ越すことになりそのまま自然消滅的にピアノを辞めた形になってしまいました。
それからはほとんどピアノに手をつけることはなかったですが、今になって思えばどこか別のピアノ教室に通い直せばよかったかなぁと多少の後悔もあります。

 

ちなみに当時飼っていた犬が、ピアノに自分の姿が映ると別の犬だと勘違いしてのことか自分の姿に向かってワンワンと吠えていたのが微笑ましい思い出です。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック