ピアノの音色がある毎日

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

小学生の頃、ピアノを習っていました。
きっかけは、ピアノの先生が、母の友達だったことでした。
最初は、右手と左手を別々に動かすことに苦労しましたが、だんだんいろんな曲が弾けるようになると、楽しくなり、弾けるようになるまで、何時間もピアノに向かっていました。

 

ピアノを弾くと、学校で嫌なことがあっても、嫌なことを忘れることができて、ピアノの音色に心を癒されていました。
毎日毎日、ピアノを弾く事が楽しくなってくると、自然に指が動くようになってきました。
ピアノの音色は、その日の気分によって、全然違うので、本当に素敵な楽器だと思いました。

 

ピアノを弾くようになってから、いろんな音を聞くことも楽しくなってきました。
それに、体でリズムをとることも出来るようになりました。
勉強が忙しくなってきたので、ピアノを辞めることになってしまいましたが、大人になり、10年以上のブランクがある今、またピアノを弾きたいと思い、ピアノを購入しました。

 

ブランクを感じないくらいピアノを弾けたので、子供の頃ピアノを習っていて、本当によかったと思います。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック