やっぱり思いでなんだな

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

幼稚園の頃から中学を卒業するまで、ずっとピアノを続けていました。
私の先生はとても厳しい先生で、正直あまりピアノ教室に行くのは楽しくありませんでした。
ピアノを辞め、私が大学に入学する前、母とピアノをやっていた時のことを話していた時に、「あなたは技術はないけど、感性は誰よりもある。

 

練習したらすばらしいピアニストになるよ。
ってあの滅多に褒めない先生がお母さんに言ったんだよ。
」と、話してくれました。

 

あの時、厳しくしていて理由はこれだったんだと気づかされました。
正直ビックリしたし、その反面、嫌になって辞めてしまったことを少し後悔しました。
月日が経ち、母から父の会社の部下に子供が産まれるので、私が使っていた電子ピアノをあげてもいいかと連絡が入りました。

 

私は使ってくれる人がいるならと、譲ることを了承しました。
しかし、どこかココロに穴が空いたさみしさを感じました。
なんやかんやでピアノは私の青春の一部だったんだなって実感しました。

 

今ではピアノを習わせてくれた母に感謝しながら、何かうまく行かなくなった時に先生が言ってくれたあの言葉を思い出しながら乗り越えています。
私も母がしてくれたように、子供が産まれたらピアノを習わせたいなと思っています。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック