おもちゃのピアノを買ってもらった

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私は子供のころに、ピアノはお金持ちの家にあるものだと思っていました。
私の家はお金持ちではないなと子供ながらに思っていました。
私の家は借家でした。

 

それも木造の古い家でした。
部屋も一部屋しかなかったです。
その家でクリーニング屋を父は経営していました。

 

父はその仕事を一生懸命にやっている姿を今でも覚えています。
隣の家は凄くお金もちの家に感じました。
毎日ピアノを弾く音が流れてくるからでした。

 

私もピアノがほしいと父に言ったことがありました。
父親は「ピアノなんて買っても置くところがないだろう」と言っていました。
私は毎日ピアノを弾く自分を夢見るようになりました。

 

大きくなったらピアノの先生になりたいと思うようになりました。
父にその夢を話しましたら、赤いおもちゃのピアノを買ってくれたのです。
それでも子供ながらに感動して嬉しかったです。

 

ピアノは簡単な曲しか弾けませんでした。
でも学校に入るころには、そのピアノも放置してしまっていました。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック