辞めてからピアノの楽しさに気付きました

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

幼稚園年中頃から、中学2年生までピアノを習っておりました。
自宅に来て教えてくれる先生で、近所の子供たちは何人かお世話になっていたようです。
アップライトのピアノを買ってもらったのですが、とにかく練習が嫌いでした。

 

先生は、男性でしたが、穏やかな優しい先生で、練習していなくてできなくても私を叱りませんでした。
そのため、先生が来て初めてピアノを開けるという週もあったぐらいです。
そんな私ですから、上達は遅く、小学校5年生までバイエルの教本をやっていました。

 

ソナタとかソナチネに進みたかったのですが、何せ練習しないものですから無理ですね。
その先生は、歌も教えてくれました。
こちらの方が私に取りましては楽しく、今でも友人とカラオケに行くと「歌、うまいね」と言われます。

 

また、今はPTAのコーラス部に入っているのですが、歌う事は楽しい事と教えて下さった先生のおかげだと思っています。
中学に入り、吹奏楽部に入部しました。
忙しくなり、ピアノを辞めましたが、何故か無性にピアノを弾きたくなって、自分で楽譜を買いに行き、練習していました。

 

もっと早く気づけばよかったとは思いますが、ピアノを弾く楽しさが理解できたことだけでも十分価値があり、両親に感謝したいです。
娘にピアノをさせていますが、私も時々思い出して弾いてみます。
一人内緒で。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック