転居のタイミングにサプライズピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私がまだ幼稚園に通っていた頃の話です。
周囲のお友達の影響で、ピアノに通い始めた私。
当時父の会社の社宅に住んでおり、大きなピアノを置くスペースがありませんでした。

 

そのため、母が愛用していたオルガンが私のピアノ代わり。
ただ、やはりピアノとオルガンでは見た目こそ似ているものの全くの別物で、レベルが上がるとともに練習に差し支えが出てくるようになりました。
それでも、転勤の多かった我が家では、転居先は必ずと言っていいほど社宅の団地なので、子供心にわがままを言える状況でないことは理解していました。

 

しかし、やはりそこは子供。
言葉の端々や態度は隠しようがなかったようです。
小学校の中学年になって、再び転勤で首都圏の社宅へ引っ越しました。

 

転居先には先に父が行っていて、私たちがついたときには大きなトラックが既に横付けされている状態でした。
しかし、そのトラックから出てきたものは、引越しの荷物ではなく黒塗りのピアノでした。
聞けば、私がピアノを始めた頃から某楽器メーカーの積み立てをしていたそうで、丁度転居のタイミングと満期が重なったとの事。

 

引越しの荷物を入れる前にピアノの場所を確保するべく、先に搬入作業をしていたのでした。
いま、そのピアノは我が娘が楽しそうに弾いています。
親の思いに感謝する出来事でした。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック