ピアノのおかげで少し積極的になりました

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

小さいころから大人しい性格だった私。
人前でしゃべるのも苦手で、クラスでの発表など目立つことは嫌でたまりませんでした。
それなのに小学4年生の時、学芸会で多くの子がリコーダーや鍵盤ハーモニカを担当する中、なぜか私が1人しかできないピアノ担当に。

 

幼稚園の頃からピアノを習ってはいたけれど、マイペースなので同じころから習っていた友達よりも進みは遅いし下手。
なんで他の子ではなく私が、と思いつつも、当時の担任の先生が大好きだったので、頑張って練習を続け、本番も何とか乗り切れました。
終わった後、先生もちろん、私よりも上手に弾ける友達も褒めてくれて、とてもうれしかったし、今まで感じたことがないような達成感を味わうことができました。

 

この経験が自信となって、その後の合唱の伴奏を立候補するようになり、中学生の時には全校合唱の伴奏まで務めることに。
グループ学習の班長や委員会の役員を引き受けられるようになったのも、この出来事以降です。
あの1回がなかったら、きっとずっと目立たないように学生生活を送り続けていただろうなと思うと、当時の担任に感謝してもしきれません。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック