ピアノを習えたことってすごく幸せだったと思います

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私がピアノを習い始めたのは小学校3年生の時でした。
ほとんどの子は2歳とか3歳から習い始めていたので、私は遅い方でした。
習わせてもらえるきっかけになったのは、小学校の教室にオルガンがあったから。

 

私の通っている小学校には、教室に1つずつオルガンがあって休み時間はそこでピアノを弾ける子たちが競うように弾いていたんです。
私はいつもそれを「すごいね」って言いながら見ていました。
私の家には、幼稚園の頃に買ってもらったおもちゃの小さいピアノがありました。

 

いつしか私は、友達の弾いた鍵盤の位置を覚え、家に帰るとそのおもちゃのピアノでつたないメロディーを弾くようになりました。
それを見ていた親が、私にピアノを習わせてくれたんです。
とっても嬉しかった。

 

習い始めてから数ヶ月は、中古の電子ピアノを使っていましたが誕生日に祖母がアップライトのピアノを私にプレゼントしてくれたんです。
それからは本当に一生懸命練習しました。
初めての発表会で、先生が選曲してくれたのは「恋はみずいろ」。

 

ビートルズが好きだった父が、弾くたび大喜びしてくれたのを覚えています。
今はなかなかゆっくり弾く機会もなくなってしまったけどピアノを習えたことで自分の音楽の幅も広がったと思うし、両親にはとっても感謝しています。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック