姉妹でピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

先日、妹と思い出話で盛り上がりました。
それは、私たちにピアノを教えてくれていた先生がとても厳しく、怖かったので思い出して笑いました。
その先生は、今思うと、上達させようと必死で厳しく接していてくれていたのだと思います。

 

あとから母に聞いたところ、私たち姉妹をピアニストにしたいと先生は言っていたようです。
その後、2人ともピアノはやめてしまったので、ピアニストにはなれませんでしたが、今ではいい思いでです。
その先生にはよくものさしで手をたたかれ、怖くて泣きながら練習をしていました。

 

あまりの恐怖に母親に伝え、先生を代えてもらい、その後もピアノは続けました。
しかし、次の先生はとても優しく、結局私たちはピアノから離れてしまいました。
元の先生だったら、どちらかでもピアニストに成れていたかもねと、今ピアノをならっている姪(妹の娘)の前で昔話に盛り上がりました。

 

姪の先生はとても優しく、姪はピアノが大好きだと言っています。
ただ、やはり練習はあまりしないそうです。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック