祖母の想い出のピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私の祖母の家にはある一台のピアノがあります。
それは少し年代物で所々塗装が剥げてしまっている部分がありますが、しっかり調律していますので音色は綺麗に出てくれます。
何でも祖母は若い頃、近所の子供達を相手に自宅の一室でピアノ教室を開いていたんだそうです。

 

その教室には毎週女の子の生徒さんも男の子の生徒さんも来てくれて、それはそれは賑やかで楽しい教室だったらしいのです。
そんなピアノ教室にある時、1人の男性が訪ねてきました。
その男性は祖母と同じ歳の頃で、いつも楽しそうなピアノの音を聴いていた、是非自分も習いたいと言ってきたんだそうです。

 

祖母はまだ独身だった為に祖母の両親は、結婚前の娘と若い男を一緒の部屋に居させるなんてと反対していましたが、男性の熱意に負けてとうとう男性のピアノ教室通いを許してしまいました。
それから男性は子供達に交じって祖母からピアノを習い、祖母は男性の真っ直ぐな所に惹かれいつしか祖母と男性はお互いを想い合うようになりました。
そうして祖母と男性は結婚し、夫婦になったのです。

 

この話を聞いた時は、祖母と祖父にこんな素敵な出会いがあったんだと驚きました。
祖父が後で、ピアノ教室へ入ったのは通りすがりに窓から見える祖母の横顔とピアノの音に一目惚れをして仲良くなりたいという思いからだったと教えてくれました。
祖母は六十の頃にピアノ教室を閉めてしまいましたが、今でも時々2人を引き合わせたピアノを弾いては想い出話を語ってくれます。

 

ピアノは祖母と祖父にとって、無くてはならない大切な宝物です。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック