処分するにできないピアノ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

きっかけは忘れてしまいましたが、私は小さいころピアノを習っていました。
小学校のころに一度やめてしまったのですが、中学校で音楽部に入ったのをきっかけにまた習い始めて、高校、そして音楽の専門学校へ。
しかし、ピアノを仕事とせず、普通に会社に就職した為にあまり時間もなく、ピアノを弾く機会が減ってしまいました。

 

そして実家の引っ越しが決まった時、どうせ弾かないのだからと処分しろと言われ親兄弟とケンカに。
使ってないにしても、小さいころから弾き続けたピアノにはそれなりの愛着も思い出もあり、やっぱり処分するには抵抗がありました。
結局処分せずに今現在も親戚の家に預けたままなのですが、いつかは処分しなければならないと思うとちょっと憂鬱にもなります。

 

処分するなら誰か大切にしてくれる人にあげたほうがいいのかなとも思いますが、移動するにも重たくて大きいからもらったほうも結局あとあといらなくなった時に処分に困るだろうし、古いですし。
そのうち処分するしかないのかもしれませんが、やっぱり悩みます。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック