続けておけば良かったピアノ教室

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

子どもの頃、ピアノを弾くことができる同級生は、憧れの対象でした。
学習発表会などで担任の先生から伴奏を頼まれる…そんな姿がたくましく、羨ましかったのを覚えています。
楽譜を見てスラスラと演奏ができる子は、決まって幼稚園時代からピアノを習っており、家にはピアノがありました。

 

そんな姿に憧れ、「ピアノ教室に通いたい!」と、母にお願いしました。
月謝がかかってくること、発表会にはお金がかかること、私が飽き性であることなど、心配要素が多かったため、母は全く乗り気ではありませんでした。
しかし私の熱意に負け、小学2年生の頃、やっと通うことができました。

 

しかし、ピアノを買ってもらうことは叶わず、少し大きめのキーボードで練習することになりました。
ピアノ教室の先生はとても厳しく、あまり練習熱心ではない私はしょっちゅう叱られていました。
それが嫌になり、母の読みは正しく1年で辞めてしまいました。

 

成果は楽譜は何となく読める、という程度です。
大人になり、趣味で音楽を始めたいと思った時に、あの時もっと続けていれば、楽器の選択肢も増えたのになぁ…と思います。
もし自分に子どもが生まれたら、ぜひピアノを習わせたいです。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック