幼少の頃からピアノをしていました

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私は5歳くらいからピアノを習っていました。
当時は通っていた幼稚園に先生が来てくれて1対1で教えてもらいました。
あまりその時のことは覚えていないのですが、先生が怖かったことだけ覚えています。

 

定期的に発表会があったので、その時はかわいい服を着れて嬉かったですが、そのための練習は厳しく、何回も泣いた覚えがあります。
小学6年までは続けていました。
それからは、遊び程度にピアノを弾いていましたが、短大を受験することのなり、私は昔から夢みていた保育士になろうと思いました。

 

そこで、短大ではピアノのテストもあったので再びピアノ教室に通い練習しました。
見事、短大に合格しましたが、それからの日々は大変でした。
ピアノに力をいれていた短大でしたので、毎週のようにみんなの前で弾くピアノのテストがあったり、ランクを決められて、私は中間ぐらいでした。

 

短大の忙しい生活のなかピアノの練習も毎日かかさずに続け、無事に卒業、保育所に就職できました。
保育所ではやはりピアノは必須で、毎日弾いて、子供達と共に歌ったり、大変でしたが楽しかったです。
幼少からピアノをしていて良かったなぁと今は親に感謝しています。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック