アコースティックギターとの出会い

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私は自分の好きな歌手に影響を受け、アコースティックギターを始めました。
中学2年の終わりごろ、その歌手のライブDVDをみて「こんな風にギターを弾けたら楽しいだろうな。
習ってみたい」と思い、母にその旨を伝えると意外にもあっさり承諾してくれました。

 

数日後、近くの楽器店に行って個人レッスンの申し込みをし、その流れで初めてアコースティックギターを買いました。
メーカーは覚えていませんがボディが青色のものです。
その青色がとても綺麗にみえて印象的でした。

 

私は初めて自分のギターを持てたことがうれしくて、その日は自宅に帰ってもずっとギターを眺めたり、コードは一切分からなかったので適当に弾いたりしていました。
その次の週から、毎週土曜日は個人レッスンに通いました。
やはり最初は何をしても難しく感じて、負けず嫌いな性格の私は悔しいなと思うこともありましたが、それでも担当の先生が優しく何度も教えてくださったのでレッスンが楽しくて仕方がありませんでした。

 

レッスンに通い始めて何か月か経って、楽器の扱いにも少し慣れてきたかなという頃になると、私と同じ時間帯にレッスンに来ていた同年代の生徒さん方とも話すようになり、レッスンのあと一緒に帰ったり遊びに行くようになりました。
私は高校3年のとき、受験を理由にレッスンを辞めてしまいましたが、有難いことに当時の生徒さん方とはお付き合いが続いています。
今、私はギターを習っていて本当によかったと心の底から思っています。

 

そう思える理由はギターを弾けるようになったというのももちろんですが、いちばん大きな理由は、ギターを始めたことで同じ趣味をもったたくさんの方々と知り合えたことです。
約3年間担当してくださった先生や、同じ教室に通っていた生徒さん方。
彼らとはギター以外のこともたくさん話したし、いろいろなことを教えてもらいました。

 

ギターを習っていなかったら彼らと知り合う機会もなかったし、今の私は存在していないと言っても過言ではありません。
彼らと知り合えてよかった、ギターを始めてよかった。
心からそう思います。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック