ヴィオラを頑張った中学時代

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

中学生時代、部活で器楽部に入っていました。
弦楽器のみの部活で、ヴィオラを弾いていました。
ヴァイオリンやチェロ、コントラバスなど目立つ楽器の中で、ヴィオラは一番知らない人が多い楽器でした。

 

今でも、「ヴィオラを弾いていたよ」と思い出話をすると、「どんな楽器?」と聞かれることが多いです。
その度に、「ヴァイオリンとチェロの間にいて・・ヴァイオリンよりちょっと大きい楽器」とか「皇太子さまが弾かれている楽器だよ」とか説明が必要なくらい、一般的にはマイナーな楽器です。
それでも当時、ヴィオラを選んだのは、最初は、ひとつ上の憧れの先輩がヴィオラを弾いていたからという単純な理由でした。

 

でも、弾いてみると、だんだん、そのヴァイオリンよりも少し低音が出る音に惹かれていきました。
曲の中でも、メロディを弾くことは無く、主役にはならない楽器でしたが、ヴィオラがあるのと無いのでは曲の雰囲気が全然違うことがとても面白いと思ったことを覚えています。
表には出ないけれど、無くてはならない楽器。

 

その控えめな存在がやっぱり今でも好きだなぁと思って、テレビなどでオーケストラが出てくるとヴィオラの演奏者ばかり見てしまっています。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック