小学生時代のハーモニカ

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

 小学1年生の時にはハーモニカをやる学校がほとんどだと思いますが、私の学校でもそうでした。
私はきっと親の影響でしょうか、音楽系に秀でたのでしょう。
音楽の時間に1曲吹ける毎に左胸にリボンを付けられることになっていました。

 

ドレミの音階を難なくハーモニカで吹く事ができていた記憶があり、苦労した覚えがありませんでした。
きっと、年子の兄が学校で習ってきたのを聞いているうちに覚えてしまったんだと思うのです。
ただ、兄のハーモニカを奪い取って吹いた記憶がありませんから音感が良かったんでしょうね。

 

みるみる曲をクリアしていって、どんどん左胸にリボンが増えていったのです。
 それから小学生時代はハーモニカをずーっと吹くのが好きで、父に二段になっている高価なハーモニカを買ってもらったり、半音が出るのも買ってもらったりしてずーっと吹いているのが好きでした。
そう言えば、父もハーモニカが好きで、よく一緒に吹いたことがあったことを思い出しました。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック