トランペットとであって色々な経験ができた

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

中学・高校時代と吹奏楽部でトランペットを吹いていました。
元々音楽が好きだったから絶対に中学生になったら吹奏楽部に入りたくて、いざ入部、という段階になって何の楽器が吹きたいか考えました。
その頃は背の順に並んでも前から5番目、くらい体が小さかったので小型の楽器がいいなあ。

 

フルート・クラリネット・サックス・ホルン・トランペット辺りがいいかなあ。
木管楽器は苦手だしこの楽器は見たことあるぞ!と安易な考えでトランペットを選びました。
トランペットは小学生の時に吹いたことがある人が多くて全く初心者の私は周りよりも全然吹けなくて辛い思いをしたこともあったけれど、主旋律を吹くことも多かったからそれが楽しくて続けることができました。

 

上級生になると、比較的買いやすい金額であるので学校の方から自分のトランペットを買うように言われるのですが親に必死に頼んで楽器を買ってもらいました。
高校を卒業しても楽器は手元に残るのに吹く機会はなくなって、それがもったいなくて市民楽団に入会して吹くようになりました。
色んな年代やタイプの人と出会うことができたのも楽器があったからだなぁと思います。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック