ピッコロとフルートの想い出

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

中学で吹奏楽部に入り、ピッコロ担当になりました。
本当はフルートがよかったのですが、フルート=お嬢様のイメージがあって、なんだか恥ずかしくて、ピッコロを希望しました。
ピッコロの音はかわいくて、すぐに楽器が好きになりました。

 

ただ、ピッコロの高音域は本当に高音なので、音程が正しく取るのが難しく、安定した音を出すのに本当に苦労しました。
コンクールの録音を聞くと、自分では正しい音程だと思って演奏していたのに、音程が外れていてピッコロの音だけやけに飛び出している場面が何度もあり、いまでも思い出すだけで赤面してしまいます。
1年間ほどピッコロだけを吹いていたのですが、2年目からはフルートも演奏するようになりました。

 

フルートだと演奏する曲目もだいぶ多くなりますし、ソロでもかっこいいので、いろんな曲を自分で見つけ出して吹いていました。
ピッコロで音程をとるのに苦労しただけあって、フルートではだいぶ楽に音程をとることができて感激したのを覚えています。
結局、中学・高校と6年間吹奏楽部でフルート・ピッコロを演奏しました。

 

いまでも友人の結婚式などでも演奏しますが、良い基礎となったのは中学1年間のピッコロ経験だった気がします。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック