憧れのサックスで部活に入りました

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

中学の時、リコーダー部に入っていました。
本当は吹奏楽部に入りたかったのですが、無かったのです。
吹奏楽部でサックスを吹くのが、私の小さな夢でした。

 

高校に入って吹奏楽部に入りました。
サックス希望で入部したのに、なぜかオーボエを勧められ、断りきれずにオーボエ担当になってしまいました。
吹奏楽部でオーボエは私一人でした。

 

なので、先輩との上下関係に気を使わなくて良かったのが幸いです。
オーボエは2枚リードなので、音を出すだけでも大変です。
唇が切れるまで練習しました。

 

楽器は顧問の先生のオーボエを借りて、練習していました。
先生とマンツーマンの練習でした。
オーボエはソロを吹くことが多いので、やりがいがありました。

 

でも、サックスにも未練はありました。
後から入部した友達がサックス担当になり、羨ましかったです。
たまにサックスを貸してもらっていました。

 

軽音楽部でサックスをやろうと思い、吹奏楽部を半年くらいで辞めました。
フュージョンが好きだったので、フュージョンのバンドに入れてもらおうと思っていたのですが、軽音楽部にはありませんでした。
部活とは別にバンドを組むことも考えましたが、メンバーが集まりませんでした。

 

サックスが吹けるようになるのは、私の夢です。
お金と時間の余裕が出来たら、習いに行きたいです。

 

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック