憧れのトランペット

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック

私の祖父がトランペットを趣味で吹いていたこともあり、小学校に上がったころから吹奏楽部に入れる4年生になったら絶対に入部してトランペットを吹くんだ!と意気込んでいました。
念願叶って4年生になり吹奏楽部へ入部、トランペットの担当になりました。
最初は基礎から…マウスピースという口にあたる部分で「ぶーぶー」と音を出したりする練習なのですがなかなか難しくて音が全然でないんです…。

 

楽器をつければ出るのか?とも思ったのですがそういうわけでもなく。

 

祖父や上級生はいとも簡単に音を出しているように見えるんですけどね。
一週間くらいした頃からようやくマウスピースで音階もできるようになりトランペット本体でも音階ができるようになってきました。
トランペットを構えた瞬間本当に嬉しかったです。

 

ずっとずっと憧れていましたから。
朝練、午後練、夏休みの練習も頑張りました。
音階がふけるようになって、合奏に加わってみんなで曲を演奏するのが本当に楽しかったし、市の主催する音楽祭に出場した時はお客さんの前で演奏するのは緊張したけど快感でした。

 

いい思い出です。

 

 

>>無料のピアノ一括査定の詳細はこちらをクリック